民事訴訟法第3条の6

法学民事法民事訴訟法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(併合請求における管轄権)

第3条の6
一の訴えで数個の請求をする場合において、日本の裁判所が一の請求について管轄権を有し、他の請求について管轄権を有しないときは、当該一の請求と他の請求との間に密接な関連があるときに限り、日本の裁判所にその訴えを提起することができる。ただし、数人からの又は数人に対する訴えについては、第38条前段に定める場合に限る。

解説編集

2011年改正において新設。

参照条文編集


前条:
民事訴訟法第3条の5
(管轄権の専属)
民事訴訟法
第1編 総則

第2章 裁判所

第1節 日本の裁判所の管轄権
次条:
民事訴訟法第3条の7
(管轄権に関する合意)


このページ「民事訴訟法第3条の6」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。