民事訴訟法第329条

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(受命裁判官等の裁判に対する不服申立て)

第329条
  1. 受命裁判官又は受託裁判官の裁判に対して不服がある当事者は、受訴裁判所に異議の申立てをすることができる。ただし、その裁判が受訴裁判所の裁判であるとした場合に抗告をすることができるものであるときに限る。
  2. 抗告は、前項の申立てについての裁判に対してすることができる。
  3. 最高裁判所又は高等裁判所が受訴裁判所である場合における第1項の規定の適用については、同項ただし書中「受訴裁判所」とあるのは、「地方裁判所」とする。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事訴訟法第328条
(抗告をすることができる裁判)
民事訴訟法
第3編 上訴
第3章 抗告
次条:
民事訴訟法第330条
(再抗告)


このページ「民事訴訟法第329条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。