民事訴訟法第342条

法学民事法コンメンタール民事訴訟法民事訴訟規則

条文編集

(再審期間)

第342条
  1. 再審の訴えは、当事者が判決の確定した後再審の事由を知った日から30日の不変期間内に提起しなければならない。
  2. 判決が確定した日(再審の事由が判決の確定した後に生じた場合にあっては、その事由が発生した日)から5年を経過したときは、再審の訴えを提起することができない。
  3. 前二項の規定は、第338条第1項第三号に掲げる事由のうち代理権を欠いたこと及び同項第十号に掲げる事由を理由とする再審の訴えには、適用しない。

解説編集

参照条文編集

判例編集

前条:
民事訴訟法第341条
(再審の訴訟手続)
民事訴訟法
第4編 再審
次条:
民事訴訟法第343条
(再審の訴状の記載事項)


このページ「民事訴訟法第342条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。