メインメニューを開く

天文学 > 太陽系 > 火星

火星

火星は太陽系の惑星のひとつ。太陽に近い側から数えてから4番目、地球と木星の間にある。 地球から近いため、探査の歴史は比較的古い。公転周期が地球の2倍近くあるため、約2年2ヶ月ごとに地球と接近する。

直径は地球の約半分、質量は約10分の1程度である。

  • 直径...約6,800km
  • 質量...約6.4×1023kg
  • 公転周期...約687日

大気と構造編集

大気編集

火星の大気は地球よりも希薄でその成分はほとんどが二酸化炭素である。

構造編集

 
高度別に表面を表した火星の地図。

火星の表面は地球からも観測されるように赤みがかかった茶色でありこれは酸化鉄を多く含むためである。

火星の西半球には4kmを優に超える山々が広がっている。特にオリンポス山は25kmを超え、エレベストの約3倍に値する。

それとは反対にヘラス平原は7kmほどの深さがある。

温度編集

火星の温度は太陽から離れていることもあり、-50℃にも達する。

大気中に二酸化炭素が豊富にあるものの大気が希薄なせいで温室効果の影響をあまり受けない。

火星探査編集

冒頭でも触れたとおり火星探査の歴史は他の惑星より長い。火星に接近し初めて撮影したのはマリナー4号であり、1964年のことである。

1971年にはマルス3号が初めて火星には着陸した。

その後も多くの計画がなされ、2019年現在もインサイトやオポチュニティなどが火星探査を行っている。

今後もマーズ2020の打ち上げなどが計画されている。

火星の衛星編集

 
火星から見たフォボスの太陽面通過

火星には衛星が二つあり、火星からは近い順にフォボス、ダイモス(デイモス)の順である。

フォボス、ダイモスは火星からは太陽面通過を起こすが地球と月と太陽の皆既日食、金環日食のようなものは観測されない。火星からのフォボスの太陽面通過は部分日食のように大きく見えるが、ダイモスの太陽面通過は小さいため分かりにくい。

このページ「火星」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。