「中学校社会 歴史/鎌倉時代」の版間の差分

→‎産業の発達: 誤字直し
M (182.249.185.116 (トーク) による版 100872 を取り消し)
(→‎産業の発達: 誤字直し)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
農工業の発達もあって商業も発達した。定期的に市場(いちば)をひらく'''定期市'''(ていきいち)が、寺社などの近くで、毎月3回ほど決まった日に市が開かれはじめるようになった。この毎月3回の定期市を 三斎市(さんさいいち) という。
 
商業には貨幣が必要なので、中国大陸から宋銭(そうせん)が多く、日本に輸入された。また、貨幣の流通とともに、銭を貸す高利貸し(こうりがし)もあらわれた。
 
== 鎌倉時代の文化 ==
匿名利用者