「高等学校美術I」の版間の差分

M
編集の要約なし
M編集の要約なし
M編集の要約なし
は、明暗が対応しやすい。
 
服を着ている人物デッサンでは、胴体の隆起の他に、さらに衣服の隆起が加わる絵を描くことになるので、もっと複雑な絵になるので、とにかく実物を観察して、うまく工夫してきましょう。
 
また、室内照明の場合、たいてい光源は決して一点ではなく、天井全体に蛍光灯などが分散的に配置されており、光源は天井全体に一面に広がっている。1つのある光源では光が差し込まずに影になる部分でも、他の別の光源による光が差し込み、影はつきづらい上複雑に、とらえにくくなります。
目的は、着ぐるみなどの実物をつくることですので、正面図だけでなく、側面図など別方向から見た図も必要になります。正面図だけでは、正面からは見えない部分の形が分からないからです。
 
側面図のかわりに背面図を書く場合もあります。また、正面図と側面図と背面図の3つをく場合もあります。
 
いっぽう、上面図は、かない場合も多いです。映像作品の着ぐるみなどの場合、正面図と側面図があれば、そこから形が分かる場合が多いのです。
 
また、こういった集団作業用デザイン画では、デザインの第一段階では色は塗らない(ぬらない)のが普通です。当面の目的は、形のデザインですので、輪郭線などの線を目立ちやすくする必要があります。影も、つけないのが普通です。
[[File:Mirai Suenaga with summer school uniform and K-on character style 20110305.jpg|thumb|400px|アニメ風に描かれたキャラクター設定画の例(色つき)<br>作者 Danny Choo<br>
このデザイン画では、全身像として正面図と背面図を描いている。※「色トレス」とは,線画の線に色がついている物ですね。]]
:※ 絵だけでは分かりづらい場合、デザインに重ならない位置に、文章で短く、たとえば「手の形は○○にする」などのコメントを追加したりして、明確に指定する場合もあります。目的は、けっして絵だけで表現することでないのです。目的は、制作スタッフどうしで共通認識を作ることですので、もし目的のために必要ならコメントも追加します。
 
 
{{コラム|アニメーション作品『新世紀エヴァンゲリオン』について|
1,425

回編集