「TeX/LaTeX入門」の版間の差分

→‎特殊記号: <math>を使ってマークアップ
(マークアップ調整, 多くのhttpスキームをhttpsに)
(→‎特殊記号: <math>を使ってマークアップ)
数式にはいろんな記号が登場します。これらは、専用の命令で呼び出せます。日本語のフォントにあるからと言って、それを直接数式モードで使わないようにしましょう。環境によってはエラーになりますし、スペースの配分がうまくいかなくなる原因にもなります。
{| class="wikitable"
|+ 特殊記号
! 記法 !! 結果
|-
| <code>\alpha \beta \gamma \delta</code> ||αβγδ <math>\alpha \beta \gamma \delta</math>
|-
| <code>\Delta \Lambda \Psi \Omega</code> ||ΔΛΨΩ <math>\Delta \Lambda \Psi \Omega</math>
|-
| <code>= \neq &lt; &gt; \leq \geq \equiv</code> ||=≠<>≤≥≡ <math>= \neq < > \leq \geq \equiv</math>
|-
| <code>\cap \cup \in \ni \forall \exists</code> ||∪∩∈∋∀∃ <math>\cap \cup \in \ni \forall \exists</math>
|-
| <code>\nabla \partial \infty</code> ||∇∂∞ <math>\nabla \partial \infty</math>
|}
 
3,595

回編集