投稿の検索展開する折り畳む
⧼contribs-top⧽
⧼contribs-date⧽
(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示

2022年9月30日 (金)

  • 10:372022年9月30日 (金) 10:37 差分 履歴 −527 Zig/組込み関数→‎(執筆中): @field @fieldParentPtr @floatCast 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 06:172022年9月30日 (金) 06:17 差分 履歴 +1,849 Zig→‎ライフタイムとオーナーシップ: ポインターを指しているメモリーが利用できなくなったときに、ポインターにアクセスしないようにするのは、Zigのプログラマーの責任です。スライスは、他のメモリーを参照するという点で、ポインターの一種であることに注意してください <ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#Lifetime-and-Ownership Lifetime and Ownership]</ref>。 バグを防ぐために、ポインターを扱うときに従うと便利な規則があります。一般に、関数がポインターを返す場合、その関数のドキュメントでは、誰がそのポインターを「所有」しているかを説明する必要があります。この概念は、プログラマーがポインターを解放することが適切である場合、そのタイミングを判断するのに役立ちます。 例えば、関数のドキュメントに「返されたメモリーは呼び出し元が所有する」と書かれていた場合、その関数を呼び出すコードは、いつそのメモリーを解放するかという計画を持っていなければなりません。 最新 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 06:142022年9月30日 (金) 06:14 差分 履歴 +848 Zig→‎再帰: 再帰( ''Recursion'' )はソフトウェアをモデリングする際の基本的なツールである。しかし、再帰にはしばしば見落とされがちな問題があります<ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#Recursion Recursion]</ref>。 再帰はZigで活発に実験されている分野であり、ここにある文書は最終的なものではありません。[https://ziglang.org/download/0.3.0/release-notes.html#recursion 0.3.0のリリースノートで、再帰の状況を要約]して読むことができます。 簡単にまとめると、現在のところ再帰は期待通りに動作しています。Zigのコードはまだスタックオーバーフローから保護されていませんが、Zigの将来のバージョンでは、Zigのコードからのある程度の協力が必要ですが、そのような保護を提供することが予定されています。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 06:102022年9月30日 (金) 06:10 差分 履歴 +2,297 Zig→‎ヒープアロケーションの失敗: 多くのプログラミング言語では、ヒープ割り当てに失敗した場合、無条件にクラッシュすることで対処することにしています<ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#Heap-Allocation-Failure Heap Allocation Failure]</ref>。 Zig のプログラマは、慣習として、これが満足のいく解決策であるとは考えていません。 その代わり、error.OutOfMemoryはヒープ割り当ての失敗を表し、Zigライブラリーはヒープ割り当ての失敗で処理が正常に完了しなかったときはいつでもこのエラーコードを返します。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 06:032022年9月30日 (金) 06:03 差分 履歴 +487 Zig→‎アロケーターの実装: Zig プログラマーは Allocator インターフェースを満たすことで、自分自身のアロケーターを実装することができます。そのためには、std/mem.zig のドキュメントコメントをよく読んで、allocFn と resizeFn を指定する必要があります<ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#Implementing-an-Allocator Implementing an Allocator]</ref>。 インスピレーションを得るために、多くのアロケータの例を見ることができます。std/heap.zig と std.heap.GeneralPurposeAllocator を見てください。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 06:002022年9月30日 (金) 06:00 差分 履歴 +810 Zig→‎バイトはどこにあるのか?: ”foo” のような文字列リテラルは、グローバル定数データセクションにあります。このため、文字列リテラルをミュータブルスライスに渡すとエラーになります<ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#Where-are-the-bytes Where are the bytes]</ref>。 文字列リテラルと同様に、コンパイル時に値が分かっているconst宣言は、グローバル定数データセクションに格納されます。また、コンパイル時変数もグローバル定数データセクションに格納されます。 関数内のvar宣言は、その関数のスタックフレームに格納されます。関数が戻ると、関数のスタックフレームにある変数へのポインターは無効な参照となり、その参照解除は未確認の未定義動作となります。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 05:462022年9月30日 (金) 05:46 差分 履歴 +24 Zig用語の統一 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 05:422022年9月30日 (金) 05:42 差分 履歴 +3,579 Zig→‎アロケーターの選び方: どのアロケーターを使うかは、様々な要因によって決まります。以下は、判断のためのフローチャートです<ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#Choosing-an-Allocator Choosing an Allocator]</ref>。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 05:292022年9月30日 (金) 05:29 差分 履歴 +3,506 Zig→‎メモリー管理: Zig言語はプログラマに代わってメモリー管理を行うことはありません。このため、Zigにはランタイムがなく、Zigのコードはリアルタイム・ソフトウェア、OSカーネル、組み込み機器、低遅延サーバーなど、多くの環境でシームレスに動作します。その結果、Zigのプログラマは常に次のような問いに答えられなければなりません<ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#Memory Memory]</ref>。 : 『バイトはどこにあるのか?』 Zigと同様、C言語もメモリー管理を手動で行っています。しかし、Zigとは異なり、C言語にはmalloc、realloc、freeというデフォルトのアロケーターがあります。libc とリンクするとき、Zig はこのアロケーターを std.heap.c_allocator で公開します。しかし、慣習として、Zig にはデフォルトのアロケーターはありません。代わりに、割当てが必要な関数は Allocator パラメーターを受け取ります。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:492022年9月30日 (金) 02:49 差分 履歴 +5 Zig/組込み関数→‎(執筆中): Fix internal link タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:482022年9月30日 (金) 02:48 差分 履歴 +56 Zig/組込み関数→‎組込み関数: s/C ?コード/C言語で書かれたコード/ タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:432022年9月30日 (金) 02:43 差分 履歴 +71 Zigs/エラーセット/エラー集合/ タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:342022年9月30日 (金) 02:34 差分 履歴 +12 Zig/組込み関数→‎組込み関数: 内部リンク;加筆 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:122022年9月30日 (金) 02:12 差分 履歴 +14 Zig→‎アライメント: 内部リンク タグ: 2017年版ソースエディター
  • 02:102022年9月30日 (金) 02:10 差分 履歴 +201 Zig内部リンク タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:582022年9月30日 (金) 01:58 差分 履歴 +441 Zig/組込み関数→‎(執筆中): @enumToInt @errorName @errorReturnTrace @errorToInt タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:332022年9月30日 (金) 01:33 差分 履歴 +88 Zig/組込み関数→‎組込み関数: (執筆中)から移動;@embedFile タグ: 2017年版ソースエディター
  • 01:252022年9月30日 (金) 01:25 差分 履歴 +2,174 Zig→‎C言語との相互運用: ZigはC言語から独立しており、他の多くの言語とは異なりlibcに依存しませんが、Zigは既存のC言語で書かれたとの相互作用の重要性を認めています<ref>[https://ziglang.org/documentation/master/#C C]</ref>。 ZigはC言語との相互運用を容易にするために、いくつかの方法を用意しています。 タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:552022年9月30日 (金) 00:55 差分 履歴 −4,130 Zig{{先頭に戻る}} タグ: 2017年版ソースエディター
  • 00:492022年9月30日 (金) 00:49 差分 履歴 +85 N テンプレート:先頭に戻るinit. 最新 タグ: 2017年版ソースエディター

2022年9月29日 (木)

2022年9月28日 (水)

(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示