「民法第119条」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[民法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第1編 総則 (コンメンタール民法)|第1編 総則]]
 
==条文==
*[[w:我妻栄|我妻栄]]『新訂民法総則(民法講義1)』(岩波書店、1965年)285頁
*[[w:四和夫|四和夫]]『民法講義(第4版補正版)』(弘文堂、1996年)206頁
 
==判例==
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=26651&hanreiKbn=01 転付債権請求](最高裁判例 昭和52年03月17日)[[民法第466条]]、[[民法第466条]]
 
----
匿名利用者