メインメニューを開く

皇国史観とは、日本は天皇を中心に歴史が継承されてきたと規定し、天皇に忠義を尽くすことが美徳であるとする歴史観である。

古代の日本史の編纂書である古事記日本書紀や、南北朝時代北畠親房が南朝の正当性を示唆するために著した「神皇正統記」、徳川時代水戸学本居宣長平田篤胤らの国学などが挙げられる。幕末尊皇攘夷運動により強化され、帝国時代には政府公認の歴史観とされた。