条文編集

第21条
摂政は、その在任中、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。

解説編集

本条は、訴追により国事行為の遂行が妨げられないようにするため、摂政の地位にある皇族は、その在任中において、摂政就任前・就任中の行為について訴追されることはないと規定している。これは摂政在任中に訴追を受けないということであり、退任後は訴追を受けることがあることになる。

脚注編集

参考文献編集

このページ「皇室典範第21条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。
前条:
皇室典範第20条
皇室典範
第3章 摂政
次条:
皇室典範第22条