高等学校工業 プログラミング技術

高等学校の学習 > 高等学校工業 > プログラミング技術


加筆・訂正を行ってくれる協力者をお待ちしています。この内容は暫定的な物です。


指導要領では次のように教育内容を定めてます。

目次編集

  1. プログラミング技法
    1. 順次型のプログラム
    2. 選択型のプログラム
    3. 繰り返し型のプログラム
    4. プログラムの標準化
  2. 応用的プログラム
    1. データ構造
    2. ファイル処理
    3. 入出力設計
    4. プログラムの構造化設計
  3. プログラム開発
    1. プログラム開発の手順
    2. プログラム開発環境


検定教科書の実際の内容編集

検定教科書では、主にC言語を中心に解説していますが、後半では、ソフトウェア工学的な手法やUNIX的な知識などを解説しています。

wikibooksではC言語の文法について『C言語』にて解説していますので、参照にしてください。

C言語については、ポインタや構造体、配列とファイル処理のあたりまで、工業高校で習います。用語だけだが、構造体のポインタについての「アロー演算子」まで、工業高校で習う。かなり高レベルである。「ファイルポインタ」も工業高校で習う。


ソフトウェア工学については、とりあえず、下記のような事を検定教科書では紹介しています。

構造化プログラミング
状態遷移図と状態遷移表
データフロー図

プログラムのテスト方法

ブラックボックステスト
ビックバンテスト
ボトムアップテスト
2分探索法
ファイル処理に関係して、シーケンシャル処理やレコードの概念など


「ディレクトリ」とか「ルート」とかのUNIX的な用語を習う。
「cd ディレクトリ」とか「mkdir ディレクトリ」などのLinuxコマンドを習う。しかし、「linux」の言葉は出ていない。ウィンドウズのコマンドプロンプトで代用するのだろうか?
「-rw-r--r--」みたいなファイルの保護モードについて習う。
ckmodのコマンドも習う。
テルネットについて習う。
ftp


ロムライタ
制御用IC
セラミック振動子
パルスモータ
三端子レギュレータ


GUIについて「SetPixel」とかのコマンドを習う。windos用コマンドか?
巻末付録でMFC(マイクロソフトの何かのソフト?)の使い方を教えている。