JavaScript言語の主な構造は文と制御構造の2つで、どちらも式を含んでいます。

JavaScriptの構文はCやJavaに大きく影響を受けています。また、ほとんどの演算子は、これらの言語と同じ名前や記号を使用しています。

このように形が似ていることの利点は、広く使われているこれらの言語ですでに知っていることを頼りにJavaScriptでコーディングしたり読んだり、あるいはその逆を行うことができることです。

欠点は、このような形の類似性によって多くの微妙な、あるいは基本的な違いや、JavaScriptと比較したくなるような古典的な言語には存在しない機能が隠されていることです。また逆に、これらの言語に似た言葉や構文をJavaScriptに適用したいと思っても、それがなくてがっかりすることもあります。