JavaScriptは、最も普及しているプログラミング言語の一つです。

ウェブブラウザに搭載されているため、iOSでも、Androidでも、Windows でも動きます。

この本では初めてプログラミングをされる方を対象とし、基本的なJavaScriptの書き方を解説します。

JavaScriptは初心者が最初に覚えるのにお勧めなプログラミング言語です。何かをダウンロードしたりインストールしたりすることなく、ブラウザだけで簡単にプログラムを作ることができるからです。 また、国際的な標準化団体であるEcmaインターナショナルによりECMAScriptとして言語コア部分が標準化され、仕様が明確になっています。

目次編集

進捗状況の凡例

  数行の文章か目次があります。
 :本文が少しあります。
 :本文が半分ほどあります。
 : 間もなく完成します。
 : 一応完成しています。
  1. はじめに   (2021-05-19)
  2. 変数   (2011-05-19)
    1. ※ 参考: 演算子   (2017-01-26)
    2. ビット演算   (2021-05-19)
  3. 文字列   (2021-05-19)
  4. 数値   (2021-05-19)
  5. 配列   (2021-05-19)
  6. 制御構造   (2021-05-19)
  7. 関数   (2021-05-19)
  8. strictモード
  9. オブジェクト   (2021-05-19)
  10. 例外処理
  11. 正規表現   (2016-02-19)
  12. 長整数
  13. 型付き配列
  14. Web API
    1. consoleオブジェクト
    2. Canvas  (2021-05-19)
    3. WebAssemblyとは
    4. XMLHttpRequest   (2016-02-19)
    5. イベント処理
      1. キー操作
      2. マウス操作
      3. タッチ操作
    6. オーディオ
    7. クッキー
      1. HTMLによるオーディオ
      2. オーディオAPI
  15. 外部ファイルの読み込み
  16. ファイル入出力の機能は無い(詳しくは後述
  17. DOM
  18. ライブラリ(フレームワーク)
    1. ライブラリ
    2. Vue.js
  19. JSON   (2021-05-19)
  20. XML   (2016-02-19)
  21. リファレンス
    1. Global   (2016-02-19)
    2. Array   (2016-02-19)
    3. BigInt
    4. Boolean   (2016-02-19)
    5. Date   (2016-02-19)
    6. Function   (2016-02-19)
    7. Map
    8. WeakMap
    9. Math   (2016-02-19)
    10. Number   (2016-02-19)
    11. Object   (2016-02-19)
    12. RegExp   (2016-02-19)
    13. Set
    14. WeakSet
    15. String   (2016-02-19)
    16. Error   (2016-02-19)
      1. EvalError   (2016-02-19)
      2. RangeError   (2016-02-19)
      3. ReferenceError   (2016-02-19)
      4. SyntaxError   (2016-02-19)
      5. TypeError   (2016-02-19)
      6. URIError   (2016-02-19)


無い機能編集

ファイル入出力は無い編集

上記の目次に、ファイルへの書き込みなどの、「ファイル入出力」に関する単元が上記の目次に無いのに気づいただろうか?

実はセキュリティなどの理由から、一般的なウェブブラウザ上では、JavaScriptによるファイル操作のプログラムが原則的に動作しないようになっている。

サーバーなど、ウェブブラウザ以外の環境でしか、JavaScriptによるファイル操作のプログラムは動作しない。また、一般にサーバー側でプログラムを書く場合には、PHPPerl などといった、JavaScript以外のプログラミング言語が用いられる。

このため、本wikiの本科目では JavaScript によるファイル操作のプログラムは扱われない。

ただし、HTML5からFile API というAPIが追加され、このFile API を通して、限定的にだが、ファイルの読み込み程度の操作なら可能になっている。

これとは別に、Windows限定だが、JavaScript風のスクリプト言語であるJScript(ジェイスクリプト)というのが、実はコマンドプロンプト(DOSプロンプト)から起動できるようになっているので、これを使うと、ウェブブラウザを経由しないので、ファイル入出力などのファイル操作も可能である。しかし、JScriptでは、ウェブブラウザ用の標準の命令が使えないし、GUI的な機能もほぼ無い(簡単なテキスト処理や、初歩の数値計算などがJScriptなどで可能)。

JavaScript/JScript (Windows限定)

これとは別に、Google Chrome 限定だが、Native File System API というファイル操作をできるAPIが用意されており、Google Chrome 上でプログラムを動かしている場合にだけ、ファイルの読み書きなどの操作が出来るGoogle Chrome 限定のAPIがあり、Chrome 上で動く JavaScript などと連動できる。

クラスはES5以前は無かった編集

2015年からのES6(ECMAScript)で、JavaScriptにクラスの機能が追加された。(Java や C# という言語には、クラスという機能がある。そのクラスと類似の機能が JavaScriptにも追加された。)

それ以前のもともとの古い JavaScript にはクラスの機能は無い。

たとい読者がクラスを知らなくても、一般的なwebページを作るぶんにはクラス機能は利用しないのが通常なので、一般的なJavaScriptの用途では、特に問題は無い。

派生言語編集

TypeScript編集

未分類編集

クッキー編集

PHPのクッキー作成の関数である setcookie() で作ったクッキーは、

JavaScript の document.cookie; では読み込めない。

参考文献編集

外部リンク編集

標準API編集

ウィキペディアJavaScriptの記事があります。