Mathオブジェクトはいくつかの数学関数定数を提供します。Mathは静的なオブジェクトで、MathコンストラクタやMathプロトタイプオブジェクトは存在しません。すべてのプロパティやメソッドはMath.EMath.absのように、必ずMath.を付けて呼び出します。

Math編集

Mathオブジェクトにはいくつかの基本的な数学定数と数学関数が定義されています[1]

静的プロパティ編集

数学定数

Math.E
ネイピア数e自然対数の底)
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Math.LN2(書き込み不可、列挙不可、設定不可)
2の自然対数
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Math.LN10
10の自然対数Math.log(10)と同値です。
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Math.LOG2E
2と底とするeの対数二進対数
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Math.LOG10E
10を底とするeの対数(常用対数
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Math.PI
円周率π
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Math.SQRT1_2
1/2の正の平方根
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Math.SQRT2
2の平方根
書き込み不可、列挙不可、設定不可
Symbol(Symbol.toStringTag)
"Math"
書き込み不可、列挙不可、設定可

静的メソッド編集

数学関数

Math.abs
絶対値を返します。
Math.acos
逆余弦を返します。
Math.acosh
Math.asin
逆正弦を返します。
Math.asinh
Math.atan
逆正接を返します。
Math.atan2
Math.atan(y/x)の逆正接を返します。
Math.atanh
Math.cbrt
Math.ceil
与えられた数値以上の最小の整数を返します(天井関数)。
Math.clz32
Math.cos
余弦を返します。
Math.cosh
Math.expm1
Math.exp
exを返します(eを底とする指数関数)。
Math.floor
与えられた数値以下の最大の整数を返します(床関数)。
Math.fround
Math.hypot
Math.imul
Math.log10
Math.log1p
Math.log2
Math.log
自然対数を返します。
Math.max
最大値を返します。
Math.min
最小値を返します。
Math.pow
冪乗を返します。
Math.random
擬似乱数を返します。
Math.round
与えられた数値を四捨五入して返します。
Math.sign[2]
引数が数値でなければ、暗黙の変換を行います。
引数がNaNもしくは0もしくは-0なら、引数を返します。
引数が+0よりも小さいならば、-1を返します。
それ以外は、-1を返します。
Math.sin
正弦を返します。
Math.sinh
Math.sqrt
正の平方根を返します。
Math.tan
正接を返します。
Math.tanh
Math.trunc

編集

const zero = Math.sin( Math.PI );
alert(zero); // 1.2246467991473532e-16

脚注編集

  1. ^ https://tc39.es/ecma262/#sec-value-properties-of-the-math-object ECMA-262::21.3.1 Value Properties of the Math Object
  2. ^ https://tc39.es/ecma262/#sec-function.prototype.tostring 21.3.2.29 Math.sign ( x )

関連項目編集

サブページ編集

外部リンク編集

このページ「JavaScript/Math」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。