ガリア戦記/用例集/不規則的に変化する副詞

不規則的に変化する副詞編集

副詞の不規則的な変化(原級・比較級・最上級)は、それぞれ不規則に変化する形容詞の原級・比較級・最上級からつくられ、互いに類似性のない形をしているので、個別に覚えなければならない。

原 級 比較級 最上級 意 味 備 考
形容詞 bonus melior optimus 良い
bene melius [1] optimē [2] 良く


parum, minus, minimē編集

原 級 比較級 最上級  意 味 備 考
parum minus minimē 少なく

minus は他の副詞とともに劣等比較級を、minimē は他の副詞とともに劣等最上級を構成する。

minus編集

1巻2節4項編集

  • hīs rēbus fiēbat ut et minus lātē vagārentur et minus facile fīnitimīs bellum īnferre possent ;

1巻2節4項

minimē編集

1巻1節3項編集

  • Hōrum omnium fortissimī sunt Belgae, proptereā quod ā cultū atque hūmānitāte prōvinciae longissimē absunt, minimēque ad eōs mercātōrēs saepe commeant atque ea, quae ad effēminandōs animōs pertinent, important proximīque sunt Germānīs, quī trāns Rhēnum incolunt, quibuscum continenter bellum gerunt.

1巻1節3項


脚注編集

  1. ^ 形容詞bonusの不規則的比較級meliorの中性・単数・主格/対格/呼格と同形。
  2. ^ 形容詞bonusの不規則的最上級optimusの語幹optimに語尾を付した形。

参考文献編集

関連項目編集

関連記事編集