中学校保健体育/運動やスポーツの必要性と楽しさ

小学校・中学校・高等学校の学習>中学校の学習>中学校保健体育>運動やスポーツの必要性と楽しさ

運動やスポーツの必要性 編集

人間の体は動くような仕組みになっており、体を動かして健康を守っています。人間は太古の昔から、食料を手に入れるなど、生きるために体を動かすようになっていました。やがて、体を動かしたり、余暇の時間に遊んだりして、それ自体が楽しくなっていきました。運動やスポーツは、このような必要性楽しさから生み出されてきました。

また、スポーツは、人間の生活も豊かにしてくれます。例えば、競争を楽しむスポーツ・技や記録への挑戦や達成を楽しむスポーツ・自然や人間と触れ合うスポーツ・健康を守り育てるスポーツなどが挙げられます。

運動やスポーツの楽しさ 編集

体を自由に動けるのはとても幸せで楽しく感じます。運動やスポーツを楽しむ方法はたくさんあります。例えば、自分の力を試すために、短距離走をしたり、もっと高く跳んだりして、競技の記録を出したいと思うかもしれません。運動やスポーツは、環境や運動する人の姿勢によって、それなりに楽しめます。そのほか、自然と親しんだり、相手と話したり、自分の気持ちを伝えたりして、楽しくスポーツや運動をします。

資料出所 編集

  • 東京書籍『新しい保健体育』戸田芳雄ほか編著  2021年
  • 学研教育みらい『中学保健体育』森昭三ほか編著 2021年