中学校家庭/幼児の生活と家族

この単元では、幼児について・幼児と家族の関わりについて学習する。

事前補足編集

中学校家庭/自分の成長と家族に掲載されるべき内容ですが、現在該当ページが存在しないため、必要部分を事前に補足します。

  • 乳児期(にゅうじき)

出生時から1歳になるまでの期間のこと。

  • 幼児期(ようじき)

1歳から小学校入学までの期間のこと。

  • 児童期(じどうき)

小学校に在学している期間のこと。

幼児の体の発達編集

幼児の体の発達編集

幼児期は一生のうちで体の成長が著しい時期です。

身長や体重、体の基礎となる骨格や内臓器官、呼吸や循環機能、体温調節や消化吸収の機能が発達します。

特に、脳と神経系は著しく発達します。

体の発達と共に運動機能も発達します。しかし、体に比べて頭がとても大きいため、転びやすいのが特徴です。

身体機能の発達編集

幼児期には全身の運動機能が目覚しく発達し、それと同時に手先の器用さも増していきます。

  • 0歳

ひとり座りをしたり、はいはいやつかまり立ちををし、手に触れるものをつかんだり、 哺乳瓶を両手で持つことができるようになります。

  • 1歳を過ぎる

歩けるようになったり、積み木やボールをつかむようになります。

  • 2歳ごろ

走ることができるようになり、視野や行動範囲が大きく広がります。

  • 3歳ごろ

三輪車をこいだり、はさみで切ることができるようになります。

  • 5歳ごろ

ブランコをこいだり、えんぴつで書くことができるようになります。

体の発達には、頭部から尾部へ、中枢部から末端へという順序がありますが、発達の速度には個人差があります。

幼児の心の発達編集

幼児期は体とともに心の発達も目覚ましく、情緒や社会性、言葉が発達して 人として生きる力を獲得し、人格形成の基礎を築く大切な時期です。

それらは、家族や身近な人への信頼感が基礎となって育っていきます。

この時期に自立心が芽生え自立心を身につけ、友達との仲間意識も育ちます。

子どもの成長と家族の役割編集

子どもの成長と地域編集

幼児の遊びと発達編集

このページ「中学校家庭/幼児の生活と家族」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。