刑事訴訟法第316条の29

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文編集

(必要的弁護)

第316条の29
公判前整理手続又は期日間整理手続に付された事件を審理する場合には、第289条第1項に規定する事件に該当しないときであっても、弁護人がなければ開廷することはできない。

解説編集

参照条文編集

判例編集


前条:
第316条の28
(期日間整理手続の決定と進行)
刑事訴訟法
第2編 第一審

第3章 公判
第2節 争点及び証拠の整理手続

第3款 公判手続の特例
次条:
第316条の30
(被告人・弁護人による冒頭陳述)


このページ「刑事訴訟法第316条の29」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。