刑事訴訟法第317条

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文編集

(証拠裁判主義)

第317条
事実の認定は、証拠による。

解説編集

 刑罰権の存否及び範囲を画する事実ならびにこれらを推認させる間接事実を立証するための証拠には証拠能力があることが必要である。

参照条文編集

判例編集


前条:
第316条の39
刑事訴訟法
第2編 第一審

第3章 公判

第4節 証拠
次条:
第318条
(自由心証主義)


このページ「刑事訴訟法第317条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。