刑事訴訟法第350条の15

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文編集

(虚偽供述等の処罰)

第350条の15
  1. 第350条の2第1項の合意に違反して、検察官、検察事務官又は司法警察職員に対し、虚偽の供述をし又は偽造若しくは変造の証拠を提出した者は、5年以下の懲役に処する。
  2. 前項の罪を犯した者が、当該合意に係る他人の刑事事件の裁判が確定する前であつて、かつ、当該合意に係る自己の刑事事件の裁判が確定する前に自白したときは、その刑を減軽し、又は免除することができる。

改正経緯編集

2016年改正により新設。

本条項の新設により、旧刑事訴訟法第350条の15に定められていた「即決裁判手続き」に関する規定は刑事訴訟法第350条の29に条数が変更された。

解説編集

検察官が、司法取引において合意に反して虚偽供述や証拠の偽造等を行った場合、刑事罰が課される旨を定める。

参照条文編集

判例編集


前条:
第350条の14
(合意違反時の証拠能力の制限)
刑事訴訟法
第2編 第一審

第4章 証拠収集等への協力及び訴追に関する合意

第4節 合意の履行の確保
次条:
第350条の16
(即決裁判手続 申立の要件と手続き)


このページ「刑事訴訟法第350条の15」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。