宅地建物取引業法第40条

コンメンタールコンメンタール宅地建物取引業法 宅地建物取引業法第40条)(

条文編集

(瑕疵担保責任についての特約の制限)

第40条  
  1. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約において、その目的物の瑕疵を担保すべき責任に関し、民法(明治二十九年法律第八十九号)第570条において準用する同法第566条第3項 に規定する期間についてその目的物の引渡しの日から二年以上となる特約をする場合を除き、同条 に規定するものより買主に不利となる特約をしてはならない。
  2. 前項の規定に反する特約は、無効とする。

解説編集

参照条文編集

  • [[]]

判例編集

このページ「宅地建物取引業法第40条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。