民事保全法第20条

法学民事法民事保全法コンメンタール民事保全法民事保全法第20条)(

条文編集

(仮差押命令の必要性)

第20条  
  1. 仮差押命令は、金銭の支払を目的とする債権について、強制執行をすることができなくなるおそれがあるとき、又は強制執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあるときに発することができる。
  2. 仮差押命令は、前項の債権が条件付又は期限付である場合においても、これを発することができる。



解説編集

債務者の有する財産を将来の強制執行で金銭に換えて債権の満足を得ることを目的とした手続き。

参照条文編集

判例編集

このページ「民事保全法第20条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。