民事執行法第167条の15

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文編集

(扶養義務等に係る金銭債権についての間接強制)

第167条の15
  1. 第151条の2第1項各号に掲げる義務に係る金銭債権についての強制執行は、前各款の規定により行うほか、債権者の申立てがあるときは、執行裁判所が第172条第1項に規定する方法により行う。ただし、債務者が、支払能力を欠くためにその金銭債権に係る債務を弁済することができないとき、又はその債務を弁済することによつてその生活が著しく窮迫するときは、この限りでない。
  2. 前項の規定により同項に規定する金銭債権について第172条第1項に規定する方法により強制執行を行う場合において、債務者が債権者に支払うべき金銭の額を定めるに当たつては、執行裁判所は、債務不履行により債権者が受けるべき不利益並びに債務者の資力及び従前の債務の履行の態様を特に考慮しなければならない。
  3. 事情の変更があつたときは、執行裁判所は、債務者の申立てにより、その申立てがあつた時(その申立てがあつた後に事情の変更があつたときは、その事情の変更があつた時)までさかのぼつて、第一項の規定による決定を取り消すことができる。
  4. 前項の申立てがあつたときは、執行裁判所は、その裁判が効力を生ずるまでの間、担保を立てさせ、又は立てさせないで、第1項の規定による決定の執行の停止を命ずることができる。
  5. 前項の規定による決定に対しては、不服を申し立てることができない。
  6. 第172条第2項から第5項までの規定は第1項の場合について、同条第3項及び第5項の規定は第3項の場合について、第173条第2項の規定は第1項の執行裁判所について準用する。


解説編集

参照条文編集


前条:
民事執行法第167条の14
(債権執行の規定の準用)
民事執行法
第2章 強制執行

第2節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行

第5款 扶養義務等に係る金銭債権についての強制執行の特例
次条:
民事執行法第167条の16
(扶養義務等に係る定期金債権を請求する場合の特例)


このページ「民事執行法第167条の15」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。