民事執行法第74条

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文編集

(売却の許可又は不許可の決定に対する執行抗告)

第74条
  1. 売却の許可又は不許可の決定に対しては、その決定により自己の権利が害されることを主張するときに限り、執行抗告をすることができる。
  2. 売却許可決定に対する執行抗告は、第71条各号に掲げる事由があること又は売却許可決定の手続に重大な誤りがあることを理由としなければならない。
  3. 民事訴訟法第338条第1項 各号に掲げる事由は、前二項の規定にかかわらず、売却の許可又は不許可の決定に対する執行抗告の理由とすることができる。
  4. 抗告裁判所は、必要があると認めるときは、抗告人の相手方を定めることができる。
  5. 売却の許可又は不許可の決定は、確定しなければその効力を生じない。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事執行法第73条
(超過売却となる場合の措置)
民事執行法
第2章 強制執行

第2節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行
第1款 不動産に対する強制執行

第2目 強制競売
次条:
民事執行法第75条
(不動産が損傷した場合の売却の不許可の申出等)


このページ「民事執行法第74条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。