民事訴訟法第307条

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(事件の差戻し)

第307条
控訴裁判所は、訴えを不適法として却下した第一審判決を取り消す場合には、事件を第一審裁判所に差し戻さなければならない。ただし、事件につき更に弁論をする必要がないときは、この限りでない。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事訴訟法第306条
(第一審の判決の手続が違法な場合の取消し)
民事訴訟法
第3編 上訴
第1章 控訴
次条:
民事訴訟法第308条
(事件の差戻し)


このページ「民事訴訟法第307条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。