民事訴訟法第375条

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(判決による支払の猶予)

第375条
  1. 裁判所は、請求を認容する判決をする場合において、被告の資力その他の事情を考慮して特に必要があると認めるときは、判決の言渡しの日から3年を超えない範囲内において、認容する請求に係る金銭の支払について、その時期の定め若しくは分割払の定めをし、又はこれと併せて、その時期の定めに従い支払をしたとき、若しくはその分割払の定めによる期限の利益を次項の規定による定めにより失うことなく支払をしたときは訴え提起後の遅延損害金の支払義務を免除する旨の定めをすることができる。
  2. 前項の分割払の定めをするときは、被告が支払を怠った場合における期限の利益の喪失についての定めをしなければならない。
  3. 前二項の規定による定めに関する裁判に対しては、不服を申し立てることができない。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事訴訟法第374条
(判決の言渡し)
民事訴訟法
第6編 少額訴訟に関する特則
次条:
民事訴訟法第376条
(仮執行の宣言)


このページ「民事訴訟法第375条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。