「高校化学 合成高分子化合物」の版間の差分

== 発展: 高分子の立体規則性 ==シンジオタクチック
(高分子化合物の非晶質と結晶質の混ざった図)
(== 発展: 高分子の立体規則性 ==シンジオタクチック)
File:Glikol.svg|エチレングリコール
</gallery>
 
== 発展: 高分子の立体規則性 ==
:[[File:Syndiotactic.svg|400px|シンジオタクチック]]
:(※ アイソタクチックの図を募集。)
:(※ アタクチックの図を募集。)
 
ポリプロピレンなどの固体の高分子化合物の立体構造において、'''シンジオタクチック'''や'''アイソタクチック'''や'''アタクチック'''などの立体構造がある。
 
シンジオタクチックは置換基Rが交互についている。
 
アイソタクチックは、置換基Rの付きかたが(※ 執筆中。お手伝いください。)
 
アタクチックは、置換基Rが不規則に付いている。
 
このうち、シンジオタクチックおよびアイソタクチックは構造が規則的なので、結晶になりやすく、かたい。
 
[[Category:高等学校化学]]
23,379

回編集