「BASIC」の版間の差分

円の角度はラジアン単位。
(→‎繰り返し FOR NEXT: IをNに置き換え。数字の1と紛らわしい。)
(円の角度はラジアン単位。)
 
たとえば、
CIRCLE (250,300180),50,2
で、(250,300)180)座標を中心とする半径50の赤い(色番号: 2)円を書きます。
 
円弧を描くには、
CIRCLE (中心のx座標,中心のy座標),半径,色,開始角,終了角
の構文を利用します。
 
角度の測り方は、数学のxy座標での角度の測り方と同じで、右を0度として、半時計まわり(左まわり)です。角度の単位は、ラジアン です。約3.14で半円になります。(BASICのソフトウェアの種類によっては、違うかもしれません。それぞれのソフトウェアごとに確認してください。)
 
まだラジアンを習っていない中学生のかたは、この節は飛ばしましょう。
 
5 CLS
10 CIRCLE (250,180),50,2,0,3.14
と書けば、半円弧が描かれます。
 
楕円(だえん)または楕円弧を書くには、
10 CIRCLE (250,180),50,2,0,3.14,2
のようにします。
 
CIRCLE命令は、
CIRCLE (中心のx座標,中心のy座標),半径,色,開始角,終了角,比率
という書式になっています。
 
比率は、縦と横の比率であり、1だと正円になります。1より大きいと縦長の楕円になり、1より小さいと横長の楕円になります。
 
塗りつぶすには、
23,377

回編集