「BASIC」の版間の差分

一般的に、プログラムを通しての画像表示についての仕様は、各OSごとにバラバラです。 そのため、BASICのインタプリタ自体の作成者は、それぞれのOSごとに、BASICインタプリタを作りなお
(また、BASICでは、命令を実行することをRUN(ラン)と言います。英語の「走る」 RUN と同じ単語です。ランニング(走り)やランナー(走者)のランと同じです。)
(一般的に、プログラムを通しての画像表示についての仕様は、各OSごとにバラバラです。 そのため、BASICのインタプリタ自体の作成者は、それぞれのOSごとに、BASICインタプリタを作りなお)
BASICは、形式的には、BASICはプログラム言語であるとして分類されています。
 
しかし、実際には、古いBASICを21世紀に再現したBASICでは、現在でいうところ、ハードウェアを仮想的プログラム言語再現する「エミュレーター」とはなうアプリケーションやあるいは、まるで一部画像表示「ミドルウェア」というOSっぽい機能をもつアプリケーションのような機能があり、「エミュレーター」や「ミドルウェア」と充実しての性能は低ものの、古いBASICを再現したBASICには、そのような特徴が あります。
 
これは、どういう事かというと、再現BASICでは、画像表示の命令を実行する際には、OSの画像表示の機能を呼び出して、使っているのです。
 
一般的に、プログラムを通しての画像表示についての仕様は、各OSごとにバラバラです。
どういうことかというと、実際の古いBASICの流行した1970年代ごろは、21世紀の今とはパソコン販売の状況が違っています。1970年代ごろの当時は、まだOS(オペレーティング システム)が高度化する前だった事もあり、さらに、OSとパソコン本体がくっついて販売されてたこともあり、1970年代ごろは、BASICが販売されているパソコンと一緒に、OSと一緒にパソコン本体に組み込まれている状態で、販売されていました。
 
そのため、BASICのインタプリタ自体の作成者は、それぞれのOSごとに、BASICインタプリタを作りなおす必要があります。
 
このため、再現BASICには、Windows版しかインタプリタの作られてない再現BASICもあります。
 
 
 
どういうことかというとそもそも、実際の古いBASICの流行した1970年代ごろは、21世紀の今とはパソコン販売の状況が違っています。1970年代ごろの当時は、まだOS(オペレーティング システム)が高度化する前だった事もあり、さらに、OSとパソコン本体がくっついて販売されてたこともあり、1970年代ごろは、BASICが販売されているパソコンと一緒に、OSと一緒にパソコン本体に組み込まれている状態で、販売されていました。
 
このため、実際の1970〜80年代に市販されていたパソコンに組み込まれていたBASICでは、画面に円や直線などを表示したりする画像表示の命令や、ブザー音を鳴らすなど命令なども、簡単にプログラム記述できるようになっています。
 
 
さて21世紀の現在、プログラムで画像を表示したり、あるいは音声を鳴らしたりなどのプログラムを記述したい場合には、オペレーティングシステムの機能を活用する必要があります。OSの機能を使うためのコマンド郡である「API」(エー ピー アイ)といいます。つまり、再現BASICのインタプリタ作成者は、(おそらく)APIを駆使して、再現BASICの画像表示や音声機能などを、作っているのです。
 
まるで、古いBASICを21世紀に再現したアプリケーションも、現在でいうところの、ハードウェアを仮想的に再現する「エミュレーター」というアプリケーションや、あるいは一部の「ミドルウェア」というOSっぽい機能をもつアプリケーションのような機能が、1970〜80年当時の実際に(市販パソコンに組み込まれて)販売されていたBASICには、あります。
 
古いBASICそのものも、現代の視点で見れば、まるでOSの機能を使うためのコマンド郡である「API」(エー ピー アイ)のような特徴が、古いBASICには、あるのです。
 
このように、BASICは、現代でいう純粋なプログラム言語とは、やや、ちがっています。
 
 
さて21世紀の現在、プログラムで画像を表示したり、あるいは音声を鳴らしたりなどのプログラムを記述したい場合には、オペレーティングシステムの機能を活用する必要があります。
 
オペレーティングシステムには、ウィンドウズやマックOSやリナックスなど、色々とありますが、それぞれのOSごとに仕組みが違うので、プログラムの記述作業も、それぞれのOSごとに、プログラムを分ける必要があります。
23,377

回編集