「高等学校化学II/イオン交換樹脂」の版間の差分

ボイラー水について、「純水化」ではなく「硬水(こうすい)成分を除去」に変更。 ついでに冒頭の食塩製造の話をコラム化。検定教科書でもコラム的に紹介されてるし。
(製塩工業についての参考文献を追加。)
(ボイラー水について、「純水化」ではなく「硬水(こうすい)成分を除去」に変更。 ついでに冒頭の食塩製造の話をコラム化。検定教科書でもコラム的に紹介されてるし。)
;== 「イオン交換樹脂」とは ==
純水の製造や、溶液中の成分の濃縮に、'''イオン交換樹脂'''(ion-exchange resin)が用いられている。イオン交換樹脂とは、溶液中のイオンを、べつのイオンに交換する樹脂である。
 
純水の製造には、海水の淡水化(塩水から、真水(まみず)にすること。)や、他には工業用の純水化がある(※ 範囲外: たとえばボイラーに使う水の純水化からカルシウムなど硬水(こうすい)成分を除去するのに、イオン交換樹脂が使われている。 参考文献: 工業高校用の教科書『工業材料』平成16年発行版)。(※ 硬水については『[[高等学校化学I/金属元素の単体と化合物/2族元素/Be・Mgとアルカリ土類金属]]』を参照せよ。)
 
 
:( ※ 発展:)またイオン交換樹脂は、食塩の製造にも使われている。(※ 啓林館および第一学習社の検定教科書で記述を確認。) 「イオン交換膜」という技術が使われる。(※ 本wikibooksでは「イオン交換膜」の詳しい説明は、省略する。)
{{コラム|食塩の製造 ( ※ 発展)|
:食塩の製造では、まず海水をもとに、イオン交換膜をつかって食塩水の塩分濃度を上げ、それを他の容器に移して煮詰める事で、食塩を製造している。(※ 参考文献: サイエンス社『工学のための無機化学 [新訂版]』、橋本和明 著、2016年 新訂版、120ページ) 結局、食塩の製造では、最終的には、塩田と同様に蒸発に頼ることになる - 現代の(イオン交換膜を使う)方法でも。
:( ※ 発展:)またイオン交換樹脂は、食塩の製造にも、イオン交換樹脂が使われている。(※ 啓林館および第一学習社の検定教科書で記述を確認。) 「イオン交換膜」という技術が使われる。(※ 本wikibooksでは「イオン交換膜」の詳しい説明は、省略する。)
 
:食塩の製造では、まず海水をもとに、イオン交換膜をつかって食塩水の塩分濃度を上げ、それを他の容器に移して煮詰める事で、食塩を製造している。(※ 参考文献: サイエンス社『工学のための無機化学 [新訂版]』、橋本和明 著、2016年 新訂版、120ページ) 結局、食塩の製造では、最終的には、塩田と同様に蒸発に頼ることになる - 現代の(イオン交換膜を使う)方法でも。
}}
 
== 陽イオン交換樹脂 ==
23,377

回編集