「Windows API」の版間の差分

Win32 API でテキストファイルなどの読み書きをする際、原則的に文字コードとしてUnicodeを使う。
(CreateFile 関数が作成しているものは、ファイル操作用ハンドルに必要な設定情報である。より正確に言うと、ハンドル(上記のコードでは hFile )がファイルを操作できるようにするために必要な諸設定を、 CreateFile 関数は作成している。)
(Win32 API でテキストファイルなどの読み書きをする際、原則的に文字コードとしてUnicodeを使う。)
 
詳しくは、 マイクロソフト MSDN を参照せよ。
 
=== ファイルの読み書き ===
まず、Win32 API でテキストファイルなどの読み書きをする際、原則的に文字コードとしてUnicodeを使う。
 
なので、テスト用のテキストファイルを作る際、Unicode に変換する必要がある。
 
Windowsアクセサリ「メモ帳」で「名前をつけて保存」を選ぶと、ダイアログボックスの下のほうに「文字コード」という項目があるので、そこで 「Unicode」 を選んで保存すればいい。
 
 
 
20,382

回編集