「高等学校歴史総合/満州事変」の版間の差分

編集の要約なし
(typo)
1936年2月26日、皇道派の一部青年軍人がクーデタを起こし、約1400名をひきいて首相官邸や警視庁を襲撃し、内大臣 斎藤実・ 蔵相 高橋是清・ 教育総監 渡辺錠太郎 などを殺害した。
 
(なお高橋是清は、金輸出禁止などのインフレ政策をすすめていた。なのに皇道派は昭和恐慌の米価デフレにも文句をいい、いっぽうで円安インフレにもケチをつけて、蔵相を殺害するような、インフレでもデフレでも文句をいうので、経済オンチの馬鹿連中が皇道派である。しかもコイツら皇道派は馬鹿のくせに、自分たちを改革的で優秀だ〜〜とか思ってるんで、つくづくタチの悪い馬鹿である。)
 
このようにタチの悪い馬鹿の皇道派どもが、よりにもよって恐慌の対策をしていた優秀な政治家たちを殺害したので、天皇はとてもお怒りになり、'''ニ・ニ六事件'''を起こした反乱軍どもに厳罰をくだせと勅命(ちょくめい)を出して、日本国は反乱軍を鎮圧した。
18,114

回編集