「中学数学1年 正負の数」の版間の差分

自然数全体の集まりを、'''自然数の集合'''という。
 
自然数の集合にふくまれる数どうしでは、加法と乗法がいつでもできる。
'''整数の集合'''は、自然数(正の整数)の他、0や負の整数を合わせたものになる。また、数の集合には、整数の他に、小数や分数も含むこととなる。
 
このように、数の範囲を、自然数の集合から整数の集合へ、さらに分数の集合へと広げていくことで、それまでできなかった計算ができるようになる。
 
'''整数の集合'''は、自然数(正の整数)の他、0や負の整数を合わせたものになる。また、数の集合には、整数の他に、小数や分数も含むこととなる。
 
 
整数の集合にふくまれる数どうしでは、加法と減法と乗法とがいつでもできる。
 
 
整数の集合は、そのなかに自然数の集合をふくんでいる。
 
また、自然数から見れば、自然数の集合は整数の集合に含まれている。
 
 
数全体の集合には、整数の他に、小数や分数も含むこととなる。
 
数全体の集合のなかの数どうしでは、加法・減法・乗法・除法がいつでもできる。
 
つまり、
 
数全体の集合のなかの数どうしでは、四則計算がいつでもできる。
 
 
このように、数の範囲を、自然数の集合から整数の集合へ、さらに全体の集合へと広げていくことで、それまでできなかった計算ができるようになる。
 
== 面積や体積でのマイナスの量 ==
23,477

回編集