「高等学校美術I」の版間の差分

もし近くにある小さいものを描くときは、(直線的な透視図法ではなく)右図のキャビネット図のように描くほうが適切です。(キャビネット図とは、中学の技術家庭科の技術分野で習った、図法の一種です。)
 
[[File:立方体のキャビネット図.svg|thumb|300px|left|立方体のキャビネット図]]
 
{{-}}
[[File:Cabinet drawing and perspective corresponding japanese.svg|thumb|500px]]
23,473

回編集