「D言語」の版間の差分

(readln())
 
== 基本テクニック ==
=== 書式つき文字出力 ===
 
文末に改行を追加して文字列を出力をしたい場合、<code> writeln </code> です。
 
十進数(decimal)で表示したい場合は、その位置に<code> %d </code> を入れます。
 
=== キーボードから数値入力したい場合 ===
 
文字の出力ではなく、キーボードから文字列の入力をさせたい場合、D言語では <code> readln() </code> 関数という組み込み関数で可能です。
 
</pre>
 
 
 
readf() を使うと、型を指定して入力できます。
 
<syntaxhighlight lang="D">
import std.stdio;
 
void main(){
writeln("Please input number");
 
int some;
readf("%d",&some); // 8
 
writef("you input %d\n",some );
}
</syntaxhighlight>
 
 
 
;実行結果の例
<pre>
Please input number
4
you input 4
</pre>
 
 
 
 
 
これだと、
 
== 各論 ==
18,892

回編集