「中学校社会 歴史/鎌倉時代」の版間の差分

(→‎産業の発達: 同開珎(わどうかいちん)や富本銭(ふほんせん)は、京都および京都の周辺など一部の地域でしか普及しなかった事[1][2]が、歴史学的には分かっている。)
牛や馬を用いて、牛や馬に鋤(スキ)をひかせて田を耕す方法も行われるようになった。また、草を焼いた灰や木を焼いた灰( これらを草木灰(そうもくばい)という )や糞尿(ふんにょう)の肥料(ひりょう)も使われた。
 
:※ (出来事ではなく)農業発達の理由の分析については教科書の範囲外だが、旺文社(おうぶんしゃ)の参考書では、牛馬を用いた耕作が普及した結果、二毛作をしやすくなったのだろう、とでも読み取れるような文章構成で紹介している。検定教科書では一応、慎重を期して、これらの事は独立した事として教えている。
 
=== 産業の発達 ===
23,473

回編集