「高等学校美術I」の版間の差分

(→‎高校までに受けた美術教育について: typo 教育学者の名は天野郁夫だった)
 
明治初期、国家の中央政府での教育内容を考える会議の際、いろんな省庁の幹部に聞いたところ、当時の軍部がそういう美術をもちいた器用さ育成の教育方針に賛成だったとの事です。
 
 
明治から昭和の第二次世界大戦までの間、美術教育は色々と変わりましたが、話が長くなるので説明を省略します。
 
さて、1990年の前と後で、美術教育のブームが変わりました。1990年以前では、写実模写が、実は2000〜2010年代よりも多かったのです。
 
1990年代までの美術教育は、小学校の高学年の図画工作あたりで、写実画の練習をする事が過去の時代はありました。しかし2000年以降の現在、写実画よりも、印象を強調するような絵柄が小中の教育界では好まれますし、小中の美術教育でも、そういう指導法が中心的です。このように、現代の日本の美術教育はより、「印象派」を重視しています。
 
== 出典など ==
23,473

回編集