「Asciidoc」の版間の差分

→‎テキストの編集方法: 番号つきの箇条書き
M (こめ印(アスタリスク))
(→‎テキストの編集方法: 番号つきの箇条書き)
である。
 
「==」と「文法」のあいだに半角スペースが必要です。「===」と「見出しの作り方」のあいだも同様、半角スペースが必要です。もし半角スペースが無いと、環境などによっては、うまく認識しない場合があります。
もっとも、asciidoc は別に百科事典サイトを作るソフトではないので、表示結果に編集機能だとかは無く、結果は単に文字が大きく表示されるだけだが。
 
 
もっともさて、べつに、asciidoc は別に百科事典サイトを作るソフトではないので、表示結果には、編集機能だとかは無く、い。結果は単に文字が大きく表示されるだけだがである
 
 
 
のような結果がブラウザ上で表示されるだろう。
 
 
 
 
(ここまで実行結果)のように、表示されるはずである。
 
 
 
 
==== 箇条書き ====
===== 番号なし箇条書き =====
こめ印(アスタリスク)「 * 」 を使って、箇条書きを作れる。
 
 
このように、箇条書きは、Wiki文法とだいたい同じ。
 
アスタリスクと見出し名(「箇条書きの出だし」や「ああああ」など)のあいだに半角スペースが必要。半角スペースが無いと、認識せずに誤表示になりかねない。
 
===== 番号つきの箇条書き =====
番号つきの箇条書きの表示には、ピリオド「.」を使う。
 
ソース
<pre>
. ひとよの生き血をすすり
. ふらちな悪行ざんまい
. 右にもハゲがある
</pre>
 
表示結果
<pre>
1.ひとよの生き血をすすり
2.ふらちな悪行ざんまい
3.右にもハゲがある
</pre>
 
ソースでは、ピリオドと見出し名のあいだに半角スペースが必要。
 
=== エスケープシーケンス ===
23,477

回編集