「PHP/条件分岐」の版間の差分

→‎match式: print match ほか
(→‎match式: print match ほか)
 
実行結果は同様に<code>ddd </code> です。
 
 
 
分岐後のすべての処理の出だしが print() など共通の処理の場合、下記コードのように<code>print match()</code>とも出来る。
 
;コード例
<syntaxhighlight lang="PHP">
<?php
$x = 0;
 
print match ($x) {
0 => "aaaa" . "\n" ,
1 => "qwer" . "\n" ,
2 => "test" . "\n" ,
};
?>
</syntaxhighlight>
 
;実行結果
aaaa
 
 
=== ※応用: 関数とmatch ===
<!-- 別セクションのenum で関数を使うので、関連事項として説明。 -->
 
プログラミング言語には「関数」という、何度も使う手続きをひとまとめにして、呼び出すたびに使えるという機能がある。PHPにも関数の機能がある。
 
match式を関数で呼び出したい場合、単に一般の関数の中に match 式を入れればいい。
 
コード例
<syntaxhighlight lang="PHP">
?php
$x = 1;
 
function f($x){
match ($x) {
0 => print("aaaa" . "\n") ,
1 => print("qwer" . "\n") ,
2 => print("test" . "\n") ,
};
}
 
f($x);
f($x);
 
?>
</syntaxhighlight>
 
実行結果
<pre>
qwer
qwer
</pre>
 
== 列挙型 ==
23,093

回編集