「Wikijunior:太陽系/地球」の版間の差分

漢字や英語に読みを追加。
(en:Solar System/Earth (00:30, 14 April 2011‎ UTC) を翻訳し、追記)
(漢字や英語に読みを追加。)
 
==地球の衛星は? ==
地球には1つの衛星があります。月です。英語ではmoonmoon(ムーン)は衛星と月を意味するので、英語を話す人たちは月のことをlunaluna(ルナ)と呼ぶこともあります。また、月のことをギリシャ語でギリシャの月の女神の名前であるseleneselene(セレネ)と呼ぶこともあります。
 
誰も月ができた時を見ていないので、月がどこから来たのかについてはいろいろな考えがあります。その中でもみんなが知っているのは、地球ができたばかりの時に大きな星がぶつかって2つに分かれて離れたほうが月になったという考えです。
 
==地球は何でできているの? ==
地球は岩石でできていて、表面は地殻と呼ばれています。地殻の下は溶けているほど熱い岩があります。それは'''マントル'''と呼ばれている層です。熱い岩は火山から出てくるもので、'''溶岩'''(ようがん)と呼ばれています。
 
マントルの下には地球の''''''(かく)があります。そこはとても熱く、溶けた熱い鉄で覆われた固形の鉄とニッケルでできていると私達は考えています。
 
マントルや核と比べると地殻はとても小さいですが、私達にとってはとても大きいです。誰もそこまで穴を掘った人はいませんし、一番深い炭坑からもずっと離れています。
 
==どのくらいの重力がかかっているの? ==
体重は秤(はかり)を使えば簡単にわかります。私達が重いのは地球の重力が地球の中心へと私達を引っ張っているからです。
 
秤の種類はいくつかあります。
# 2つの重さを比べます。片方の受け皿に重さを秤たいもの、例えばいくつかのビー玉をのせて、もう片方にいくつかの錘を乗せて間にある矢印が真ん中に来るようにします。そして、のせた錘の重さをすべて足した合計が秤たいものの重さです。
# バネばかりは受け皿を引っ掛けて使います。受け皿に秤たいものを乗せればのせるほど、バネは引っ張られます。そしてバネの引っ張られた長さで重さがわかります。
# 正確に量れる質量計は、肉屋さんなどで使われています。
 
注意:重力は私達がいる場所によって少し違うことがあります。バネばかりや質量計が違う場所で違う重さを示すのはそのせいです。でも、重さの違いはとても小さくてほとんど気づかない事が多いです。
 
知っていますか?アイザック・ニュートンは私達が地面に引きつけられる力と太陽の周りを星が回っている力が同じであることを最初に理解した人です。その考えは木からりんごリンゴが落ちたのをみて思いつきました。
 
重力はとても重要な力です。私達は地球にしっかりと立ち、月が地球をまわって、地球が太陽を周り、太陽が銀河を回っているのも重力のおかげです。星が綺麗な球状であるのも重力によるものです。実際、重力がなければ星の素材が宇宙に散らばってしまうので太陽や月や地球はなかったでしょう。
==誰が名付けたの?==
[[Image:Earth-moon.jpg|thumb|月から見た地球]]
earth(地球)という言葉は地球と土の両方を意味します。地球の他の名前はGaiaGaia(ガイア)TellusTellus(テルス)と呼ばれています。Gaiaはギリシャの女神(母なる地球を意味します。)、Tellusはローマ活字の同じ女神を意味します。
 
[[bs:Wiki junior Sunčev sistem/Zemlja]]
20,183

回編集