「高等学校政治経済/現代社会の諸課題」の版間の差分

文中の計算に式での表現を追加。
(記事高等学校政治経済 2014年4月25日 (金) 04:40‎ の、本文をこちらに移動。)
 
(文中の計算に式での表現を追加。)
年々、投票率の低下が増え社会問題になりつつある。自らが日本国民なのだという自覚を持ち、その権利をきちんと果たすことが大事である。また、主権者として自分の意見を政治に反映させるためにも参政権を大事にしていかねばならない。
 
なお、いわゆるシビリアン・コントロール([[w:文民統制|文民統制]])は、主権者たる国民の参政の一態様と考えることができる。シビリアン・コントロールとは、国民が、選挙で選ばれた国民の代表(政治家)を通じて、軍隊をコントロールすることである。(シビリアン・コントロールの意味について、巻末資料 [[高等学校政治経済#Q&A:「分かりやすいシビリアン・コントロールとは?」|Q&A:「分かりやすいシビリアン・コントロールとは?」]]参照。)
 
===現代の国際政治===
====[[経済学 現代経済の仕組み 経済主体とその活動|国民経済における家計・企業・政府の役割]]====
====[[経済学 現代経済の変容 経済の変容 世界経済の変容 資本主義経済#市場の失敗|市場経済の機能と限界]]====
[[Image:Offre-demande-equilibre.svg|thumb|right|340px|価格と需要と供給との関係。<br>このようなグラフを需要供給曲線(じゅよう きょうきゅう きょくせん)と言う。<br>(図中の言語はフランス語)<br>たて軸が価格(Prix)。横軸が量(quantité)であり需要量と供給量。Demandeが需要量であり、Offreが供給量。équilibréが均衡価格。<br>図によっては、たて軸と横軸の取り方が逆の場合もあり、たて軸に量をとり横軸に価格を取る場合もある。<br>グラフで需要を表した曲線を需要曲線(じゅよう きょくせん、図では赤色のDemande)と言い、供給を表した曲線を供給曲線(きょうきゅうきょくせん、図では靑色のOffre)と言う。]]
需要曲線は右下がりで、供給曲線は右上がりの曲線である。[[w:需要と供給|需要と供給]]の数量により[[w:市場価格|市場価格]]が決定される。価格の変化で均衡がもたらされることを、価格の自動調節機能という。有力企業がプライス・リーダーとして一定の利益を確保できる価格を設定し、他の企業がこれに倣うときの価格を[[w:価格|管理価格]]という。不況でも価格が下がりにくいことを、価格の下方硬直性という。
需要曲線は右下がりで、供給曲線は右上がりの曲線である。
 
需要曲線は右下がりで、供給曲線は右上がりの曲線である。[[w:需要と供給|需要と供給]]の数量により[[w:市場価格|市場価格]]が決定される。価格の変化で均衡がもたらされることを、価格の自動調節機能という。有力企業がプライス・リーダーとして一定の利益を確保できる価格を設定し、他の企業がこれに倣うときの価格を[[w:価格|管理価格]]という。不況でも価格が下がりにくいことを、価格の下方硬直性という。
====物価の動き====
様々な財やサービスの価格の水準を[[w:物価|物価]]といい、企業物価と消費者物価がある。持続的な物価の下落は[[w:デフレーション|デフレーション]]と呼ばれる。
====経済成長と景気変動====
[[w:国民総所得|国民総所得]]から[[w:減価償却費|固定資本減耗]]を引くと、国民純生産になる。
[[w:国民総所得|国民総所得]]から[[w:減価償却費|固定資本減耗]]を引くと、国民純生産になる。[[w:国民所得|国民所得]]は国民純生産から間接税を引き、補助金を加える。国民所得には、生産国民所得、分配国民所得、支出国民所得という三つの面がある。[[w:フローとストック|フローとストック]]において、国全体が有する個人資産・社会資本・自然資源を合計した経済指標を[[w:国富|国富]]という。[[w:国内総生産|国内総生産]]の一定期間の変動率を[[w:経済成長率|経済成長率]]という。国民の本当の豊かさを示す指標に、国民純福祉がある。
:(国民純生産)=(国民総所得)ー(固定資本減耗)
 
[[w:国民所得|国民所得]]は国民純生産から間接税を引き、補助金を加える。
:(国民所得)=(国民純生産)ー(間接税)+(補助金)
 
国民所得には、生産国民所得、分配国民所得、支出国民所得という三つの面がある。
:(国民所得)=(生産国民所得)=(分配国民所得)=(支出国民所得)
 
[[w:フローとストック|フローとストック]]において、国全体が有する個人資産・社会資本・自然資源を合計した経済指標を[[w:国富|国富]]という。
 
[[w:国内総生産|国内総生産]]の一定期間の変動率を[[w:経済成長率|経済成長率]]という。
経済成長率とは、次の式によって定義(ていぎ)される。
 
:<big>(経済成長率)</big> = <math>\frac{G_1-G_0}{G_0}</math>
 
なお、上の式で、
:G1とは、ある年の国内総生産だと置いた。
:G0とは、基準年の国内総生産だと置いた。
 
国民の本当の豊かさを示す指標に、国民純福祉がある。
 
[[w:景気循環|景気循環]]は需給の不均衡によって起こる。景気変動には、好況、後退、不況、回復という四つの局面がある。
====[[経済学 社会保障制度 労働|労使関係と労働市場]]====
====[[経済学 現代経済の仕組み 経済主体とその活動#大企業と中小企業|産業構造の変化と中小企業]]====
産業の中心が、一次産業から二次産業二次産業から三次産業へと移ることを、ぺティ・クラークの法則という。そして日本では経済のソフト化が進んでいる。
 
====[[経済学 現代経済の仕組み 経済主体とその活動#消費者問題|消費者問題と消費者保護]]====
====公害防止と環境保全====
==巻末資料==
 
=== Q&A:「分かりやすいシビリアン・コントロールとは?」 ===
 
* Q. シビリアン・コントロールとは何でしょうか?
*: 「国民が、選挙で選ばれた国民の代表(政治家)を通じて、軍隊を、コントロールする。」ということです。
*: それは、「管理すること」です。
* Q.誰がコントロールするのでしょうか?
*: 「国民」の代表者。
*: 「軍隊」です。
* Q.どうやってコントロールするのでしょうか?
*: 「シビリアン選挙で選ばれた国民の代表(政治家)」を通じてコントロールします。
* Q.シビリアンとは何でしょうか?
*: 「選挙で選ばれた国民の代表(政治家)」のことです。
 
要するに、シビリアン・コントロールとは、
 
(誰が?)→(どうする?)→(何を?)→(どうやって?)
22,652

回編集