音響学は、音、特にその生成、伝達、効果について研究する学門です。音響学は、生成、伝達、制御される音の性質によって、多くの応用が可能です。

音楽のような好ましい音の場合、音響学の主な用途は、音楽をできるだけよく響かせることです。交通騒音のような好ましくない音の場合、音響学の主な用途は騒音の低減です。

音響学のもう一つの主要な分野は、ソナーシステムや非破壊材料検査などの検知に応用される超音波の分野です。本書では、音響学の基礎と主な応用例について説明していきます。

※本書は、英語版WikibooksAcousticsを翻訳したものです。一部翻訳ミスがあるかもしれません。ご了承ください。
また翻訳を修正・改善・加筆してくださる皆様のご協力を心からお待ちしています。

基礎編集

  1. 音響学の基礎
  2. 室内音響学の基礎
  3. 音響心理学の基礎
  4. 音速
  5. フィルタの設計と実装
  6. ヘルムホルツ共鳴器の流れによる発振
  7. アクティブ制御

応用編集

運輸業界への応用 編集

  1. ローター・ステーター相互作用
  2. カーマフラー
  3. ソニックブーム
  4. ソナー
  5. 車内音の伝達

室内音響への応用 編集

  1. 無響室・残響室
  2. 室内音響の基本的な処理

音響心理学への応用編集

  1. 人間の声帯
  2. 聴覚の閾値/痛み

音楽音響の応用 編集

  1. アコースティックギターの仕組み
  2. マリンバの基本的な音響特性
  3. ベッセル関数とティンパニ
  4. バイオリンの音響
  5. マイクの技術
  6. マイクの設計と操作
  7. 音響拡声器
  8. 密閉型サブウーファーの設計

その他の応用 編集

  1. バスレフ型エンクロージャーの設計
  2. 高分子薄膜音響フィルター
  3. 油圧システムにおける騒音
  4. 冷却ファンの騒音
  5. 圧電振動子
  6. 雷の発生と伝搬