高等学校国語総合/漢文/送元二使安西


本文編集

 

白文 訓読文編集

 
渭城柳色(池大雅筆)

送元二使安西 元二の安西に使ひするを送る

渭城朝雨浥軽塵 渭城の朝雨 軽塵を浥し

客舎青青柳色新 客舎青青 柳色新たなり

勧君更尽一杯酒 君に勧む 更に尽くせ一杯の酒

西出陽関無故人 西のかた陽関を出づれば 故人無からん

現代語訳編集

  • (起句)渭城の街は朝の雨で土埃がしっとりと湿り、
  • (承句)旅館の柳は雨に洗われて青々と鮮やかだ。
  • (転句)君よ、別れの酒をもう一杯飲んでくれたまえ。
  • (結句)西の陽関を過ぎたら、もう酒を飲み交わす友人もいないのだから。

鑑賞編集

盛唐期の詩人、王維の七言絶句。

詩の前半では、友人(元二)との別れの場面、すがすがしい朝の情景を描写している。

詩の後半、転句では手元の一杯の酒に目線が注がれる。「更に尽くせ」と酒を勧める行為に、作者の深い友情を感じることができる。

結句では視点をさらに西方に移し、遙か彼方の安西へ旅立つ友人との離別の悲しさを詠じている。

押韻編集

  • 塵・新・人