高等学校日本史B/保元・平治の乱

院政と平氏編集

 保元の乱
   上皇方
(負け) 
 天皇方
(勝ち) 
天皇家  崇徳上皇(兄)  後白河天皇(弟) 
藤原家  左大臣 藤原頼長(弟)   関白 忠道(兄) 
源氏  為義(父)
 為朝(弟) 
  
 義朝(兄)
平氏  忠正(叔父)   清盛(甥) 

院政のころ、鳥羽上皇・後白河天皇と崇徳上皇(すとく〜)とが対立した。

また、摂関家では、関白 藤原忠道(〜ただみち)と左大臣 藤原頼長(〜よりなが) が、対立していた。

崇徳は頼長と手を組んだ。

後白河は、忠道と手を組んだ。

鳥羽上皇が死ぬと、1156年、崇徳方と後白河方との合戦になった。結果は、平清盛(たいらの きよもり)と源義朝(みなもとの よしとも)が加わっている後白河方の勝利で終わった(保元の乱(ほうげん の らん) )。崇徳は讃岐に流された。為義らは処刑された。


保元の乱ののち、後白河は院政を行った。また、平清盛の影響力が高まった。

 平治の乱
   勝ち   負け 
藤原  通憲(→自殺)  信頼(→斬首) 
 平清盛
 平重盛 
 源義朝(→斬首) 
 源義平(→斬首)
 源頼朝(→伊豆)

平清盛の留守中の1159年に、藤原信頼(〜のぶより)は源義朝とむすんで挙兵し、清盛と親しい藤原通憲(〜みちのり)を殺害した。しかし、その後、清盛によって信頼・義朝らは鎮圧され、信頼・義朝は殺害された。そして、義朝の子の頼朝は伊豆に流された(平治の乱(へいじ の らん) )。

平治の乱後、後白河上皇は平清盛を重用し、清盛は太政大臣にまで上りつめた。その子や一族も、高位高官が与えられた。

清盛は娘の徳子(とくこ)を、高倉天皇(たかくら)の中宮(ちゅうぐう)に入れ、清盛は安徳天皇(あんとく)の外祖父となった。(つまり、平氏が天皇の外戚になった。)なお、徳子のことの「建礼門院」ともいう。

1177年、後白河の近臣である藤原成親(なりちか)や僧の俊寛(しゅんかん)が、平氏打倒の計画をするが失敗した(鹿ケ谷の陰謀 (ししがたに の いんぼう) )。

そして1179年、清盛は後白河を幽閉した。

こうして、平氏は独裁的な強権を手に入れた。(しかし最終的には、反平氏の勢力を結集させることになる。)