メインメニューを開く

はじめに編集

ウィキジュニアの太陽系(たいようけい)のページへようこそ。宇宙はおそらく人類最後の秘境(ひきょう)であり、地球から見えるちっぽけな星々も重要な研究対象でありつづけています。

太陽系を学ぶにあたって編集

動植物(どうしょくぶつ)の細胞(さいぼう)のように小さなものや、太陽系や銀河のように巨大(きょだい)なものであれ、未知(みち)でありつづけているものがあることから、研究者たちは調査の手を休めません。

天文学者(てんもんがくしゃ)や宇宙物理学者(うちゅうぶつりがくしゃ)は、それぞれ違ったやり方で、太陽系を調査(ちょうさ)しています。天文学者は望遠鏡(ぼうえんきょう)による天体観測で、宇宙物理学者は観察結果を物理法則に当てはめて、未見や未知の現象を理論化し明らかにしようと努めています。

望遠鏡の発明は1600年代のはじめにヨーロッパで発明され、ガリレオ・ガリレイのような好奇心溢れる科学者に人類史上で初めて太陽系など遠距離の万物を観察できるようにしました。望遠鏡によりガリレオは土星の環(「わ」)を最初に発見し、彼は月の詳細図を描き、太陽の黒点や木星の四大衛星を見ました。望遠鏡は今もなお地球上や宇宙空間内で太陽系の調査に使われています。望遠鏡には幾つかの種類があり、一般的なものではガリレオが用いた光学望遠鏡(こうがくぼうえんきょう)や宇宙からの電波を検出する電波望遠鏡(でんぱぼうえんきょう)などがあります。

1950年代まで、人類の太陽系での研究対象は地球に限られてきましたが、1957年に後のロシアであるソビエト連邦が初めての人工衛星(じんこうえいせい)の「スプートニク1号」を打ち上げ、それ以降は有人無人を問わず太陽系の調査に宇宙船が打ち上げられました。

今では太陽系に多くの宇宙探測機(うちゅうたんそくき)があり、太陽系の惑星や衛星をしらべつつ、得た情報(じょうほう)を地球に送っています。毎年、太陽系の理解は深まり続け、太陽系の知識が地球の理解に役立つことも多くあります。

太陽系の測り方は?編集

研究する際には大きさや温度(おんど)、距離(きょり)の測定基準(そくていきじゅん)が必須です。研究の場ではメートル法(メートルほう)が採用されており、以下にその他の測定基準を示します。

距離や縦横の幅編集

距離をはかる際には、研究の場ではメートル法を使用しています。平均的な成人の身長は1.7メートルでメートルはmと略されます。

地球外の距離はとても遠いので、科学者たちは天文単位を新たに発明しよりわかりやすく距離を測れるようにしました。1単位は149597871kmで、太陽・地球間の距離とほぼ同じ距離です。

地球上では重量と質量は同じです。地球上で50kgの重量の人は質量も50kgですが、宇宙空間では質量は変わりませんが体重計に乗っても重量は0kgです。

質量編集

重さを量る際には、研究の場ではグラム方を使用しています。重量は対象にかかる重力の強さを示すので、質量とは違い、物質の多さをあらわすのに重量が使われることはありません。いる場所によって重力が違うので私達の重量が変化することはありますが、質量は対象がどのような物質や成分で構成されているかを測るのでどこにいても質量が変化することはありません。

温度編集

温度を測る際には、研究の場ではセ氏温度(セしおんど)を使用しています。0℃で水が凍り100℃で蒸発します。

保護者や教育者の方々へ編集

このページは、たくさんの人達が、子どもにもできるだけ分かりやすいようにまとめたものです。ほとんどはこのページを主に読むような年齢の人が書いたわけではないので、難しい言葉も出てくるかもしれません。そんなときは、ノート:Wikijunior:メインページに書き込んでください。できる範囲で努力します。 時間があれば、どうかこのページだけでブラウザを閉じないで、検索エンジンで検索してみてください。ここには書かれていないことがあるかもしれません。 そして、興味のあることからでいいから、あなたの知識の引き出しに中身をどんどん詰めていってあげてください。大きくなったとき、決して損はしないはずです。