ガリア戦記/用例集/前置詞/ex

前置詞 ē, ex編集

前置詞 ex, ē は「奪格支配」で、奪格の名詞・形容詞とともに用いられる。

前置詞 (奪格支配) 場 所 時 間 その他の意味 備 考
ex, ē ~から、
~から外へ
~から、
~以来、
~直後に
~から
(出身・理由)
ē は母音・h の前では用いない。

ē の用例編集

ē は母音や h の前では用いられない。

ex の用例編集

ex は多く用いられる。

ex parte編集

1巻2節3項編集

  • Id hōc facilius iīs persuāsit, quod undique locī nātūrā Helvētiī continentur : ūnā ex parte flūmine Rhēnō lātissimō atque altissimō, quī agrum Helvētium ā Germānīs dīvidit ; alterā ex parte monte Iūrā altissimō, quī est inter Sēquanōs et Helvētiōs ; tertiā 《ex parte》 lacū Lemannō et flūmine Rhodanō, quī prōvinciam nostram ab Helvētiīs dīvidit. 

1巻2節3項

1巻2節4項編集

  • quā ex parte hominēs bellandī cupidī magnō dolōre adficiēbantur.  

1巻2節4項






(編集中)

脚注編集


関連項目編集


関連記事編集