コンメンタール軽犯罪法

法学コンメンタールコンメンタール刑事コンメンタール軽犯罪法

軽犯罪法(昭和23年5月1日法律第39号、最終改正:昭和48年10月1日法律第105号)の逐条解説書。
本来の法文には見出しが附されていないが、伊藤榮樹原著、勝丸充啓改訂『軽犯罪法 新装第2版』(立花書房、2013年)を参考に各条に見出しを附している[1]

Wikipedia
ウィキペディア軽犯罪法の記事があります。
Wikisource
ウィキソース軽犯罪法があります。

本則編集

第1条〔罪〕
第1号〔潜伏の罪〕
第2号〔凶器携帯の罪〕
第3号〔侵入具携帯の罪〕
第4号〔浮浪の罪〕
第5号〔粗野・乱暴の罪〕
第6号〔消燈の罪〕
第7号〔水路交通妨害の罪〕
第8号〔変事非協力の罪〕
第9号〔火気乱用の罪〕
第10号〔爆発物使用等の罪〕
第11号〔危険物投注等の罪〕
第12号〔危険動物解放の罪〕
第13号〔行列割込み等の罪〕
第14号〔静穏妨害の罪〕
第15号〔称号詐称、標章等窃用の罪〕
第16号〔虚構申告の罪〕
第17号〔氏名等不実申告の罪〕
第18号〔要扶助者・死体等不申告の罪〕
第19号〔変死現場等変更の罪〕
第20号〔身体露出の罪〕
第21号〔削除〕
第22号〔こじきの罪〕
第23号〔窃視の罪〕
第24号〔儀式妨害の罪〕
第25号〔水路流通妨害の罪〕
第26号〔排せつ等の罪〕
第27号〔汚廃物放棄の罪〕
第28号〔追随等の罪〕
第29号〔暴行等共謀の罪〕
第30号〔動物使そう・驚奔の罪〕
第31号〔業務妨害の罪〕
第32号〔田畑等侵入の罪〕
第33号〔はり札、標示物除去等の罪〕
第34号〔虚偽広告の罪〕
第2条〔刑の免除・併科〕
第3条〔教唆・幇助〕
第4条〔適用上の注意〕

脚注編集

  1. ^ 伊藤榮樹原著、勝丸充啓改訂 『軽犯罪法 新装第2版』 立花書房、2013年9月20日ISBN 9784803743302

外部リンク編集

このページ「コンメンタール軽犯罪法」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。