民事訴訟費用等に関する法律第4条

コンメンタール民事訴訟費用等に関する法律)(

条文編集

(訴訟の目的の価額等)

第4条  
  1. 別表第一において手数料の額の算出の基礎とされている訴訟の目的の価額は、民事訴訟法第8条第1項 及び第9条 の規定により算定する。
  2. 財産権上の請求でない請求に係る訴えについては、訴訟の目的の価額は、百六十万円とみなす。
    財産権上の請求に係る訴えで訴訟の目的の価額を算定することが極めて困難なものについても、同様とする。
  3. 一の訴えにより財産権上の請求でない請求とその原因である事実から生ずる財産権上の請求とをあわせてするときは、多額である訴訟の目的の価額による。
  4. 第1項の規定は、別表第一の一〇の項の手数料の額の算出の基礎とされている価額について準用する。
  5. 民事訴訟法第9条第1項 の規定は、別表第一の一三の項及び一三の二の項の手数料の額の算出の基礎とされている額について準用する。
  6. 第1項及び第3項の規定は、別表第一の一四の項及び一四の二の項の手数料の額の算出の基礎とされている価額について準用する。
  7. 前項の価額は、これを算定することができないか又は極めて困難であるときは、百六十万円とみなす。

解説編集

  • 民事訴訟法第8条(訴訟の目的の価額の算定)
  • 第9条(併合請求の場合の価額の算定)

参照条文編集

判例編集

このページ「民事訴訟費用等に関する法律第4条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。