「生理学」の版間の差分

 
現代では、一酸化窒素がグアニル酸シクラーゼを活性化して、サイクリックGMP(cGMP)が合成される事が解明されている。
 
;内因性オピオイドおよび内因性カンナビナイド
:オピオイド
モルヒネは植物のケシから合成でき、麻薬の阿片(アヘン)もモルヒネの派生であり、モルヒネ洋物質をオピエートというのだが、動物の体内物質としてモルヒネに似たような構造の物質が見つけられており、その体内のモルヒネ様物質のことをオピオイドという。
 
特に動物体内で産生される物質である事を強調するとき、「内因性」と冒頭につけて「内因性オピオイド」などと言う。
 
エンドルフィンなどが、内因性オピオイドという。
 
:カンナビノイド
※ 未記述
 
== 生理学で扱う項目 ==
23,379

回編集